知ってますか?切手って奥が深い!

こんなにある!切手の形やサイズ

切手といえば、四角形のイメージが強いですが、実は色んな形の切手があるんです。 丸型や楕円形の丸みを帯びた形の切手は、優しい印象を与えます。 最近では、キャラクターや動物をモチーフにした切手が増えていて、イラストの形に沿って作られた切手もみられます。 サイズが大きめで存在感のある切手が増えていて、写真や絵の持つ豊かな表情が伝わってきます。 普通切手は、切手を貼る場所が限られている場合にもすっきり貼ることができて便利です。普段は何気なく使っている普通切手の絵も、じっくり見てみると、ソメイヨシノやウメといった花、ユキウサギやエゾシカといった動物が細かく描かれていて大変美しく、切手の世界の魅力に身近に触れることができます。

世界の切手にも目を向けてみよう

日本の切手だけでも豊富なバリエーションがありますが、外国の切手に目を向けてみると、さらに色んな珍しい切手に出会うことができますよ。 切手には、国や地域特有の動植物を描いたものが多いことから、小さな切手は異文化理解を深めるツールとして大きな役割を果たしているのです。例えば、オーストラリアにはコアラやカンガルーの切手、中国にはパンダや牡丹の花の切手などがみられます。欧米諸国では、クリスマスカードを贈る習慣があることから、クリスマス切手を販売するところが多いのも特徴です。 場所を取らないので、切手は旅行のお土産にも向いています。切手を額に入れてインテリアとして楽しんだり、手作りキットで切手の絵柄を生かしたキーホルダーを作ったりすれば、切手を身近に置いて愛でることができます。