どこかに眠っていませんか?切手

収納の奥から出て来た大量の切手の処分法

両親が他界する事で家の中の遺品整理を行うと言うケースが在ります。 色々なものを集めている人の中には切手収集をしているケースも在り、収納の奥の方から古い時代の切手が大量に出て来ると言う事も在ります。 切手の価値は低くなっているので買取りを利用しても二束三文にしかならない、と感じている人も多いかと思われますが、切手の中には希少価値が高いもの、プレミアが付いている切手も多数在ります。 特に、1960年以前に発行された未使用切手は現存数が少なくなっているため、高く売ることが出来る記念切手や普通切手が数多く在ります。 眠っている切手は切手買取りを行っている専門のお店に持ち込む、郵送や宅配便などを利用してお店に送ると言った方法で切手に精通した鑑定士が1枚ずつ丁寧に査定をしてくれます。

昔集めていた切手が沢山見つかった

切手ブームは1960年代から1980年代にかけてと言われています。 この時代に切手収集を行っていた小学生も、今では40代~60代の年齢になっているかと思われますが、家の中を片付けていた時、昔集めていた切手が沢山見つかり、懐かしさを思い出す人も多いものです。 集めていた切手が要らないと言った場合には切手買取りのお店に査定を依頼する事で買取りをして貰う事が出来ます。 切手の状態や種類などに応じて査定額は変わりますが、眠っていた切手を売却したら数十万円から数百万円で買取りが行われたと言うケースも在るため、不要な切手が在る場合には買取りを利用するのがお勧めです。 また、近くに切手買取りをしているお店が無い場合でも、宅配買取りなどを利用する事で送料無料で買取りをしてくれるお店が多く在ります。